ロゴ

キャバ嬢と出会っておまんこさせてもらいました

キャバ嬢


写メが僕好みだった、ギャル系の女は、実は思いっきり「キャバ嬢」だったって経験をしました。

友人が以前「出会い系にも混ざってるよ、水系や風俗嬢。でも、殆ど営業目的だけど」と言ってたのを思い出しました。

この山形キャバ嬢とおまんこするのは、彼女のお店に数回の投資をして初めて「道が開ける」ものだと思ってましたが、案外楽な方法で道が開けました。

21才の彼女は、すっごく若い(当然か)「へ?お店へ?そんなのいいよ!!その代わり、私の愚痴に付き合って!!」と凄くお疲れな様子の彼女。

実はキャバクラの世界は凄く大変な様子・・・。


キャバ嬢の写真


「夢はな」って店でもつ鍋食べました。

寒かったので、このメニューは非常に効きましたね。

その鍋のあったかさと同調する様に、彼女の愚痴もヒートアップ(汗)

何でも彼女もそこそこの人気を誇るキャバ嬢らしいのですが、派閥が凄いらしく。

靴や服を汚される嫌がらせがあるんだとか・・面倒ですね(汗)


風俗画像


酒は程々入ると、「最近彼氏にも相手されてなくてぇ」泣き出す女・・。

どんだけ情緒不安やねん(汗)

泣きが入ると男に甘えたくなるのは、どの世界の女も一緒??

ホテルでのおまんこは、酒が入っていても鋭く反応して「早漏」を隠すのが大変でした(笑)




>> 次の記事は若妻の風俗嬢と媚薬を使った本番セックス体験記

Copyright © 人妻風俗新聞 All Rights Reserved.