ロゴ

ちょいポチャの人妻さんには、ひとつだけ生活に足りないものがありました

ちょいポチャ


ちょっとポッチャリ気味の人妻さんとセフレになれそうです。

彼女とは3ケ月ほど前、ハピメで知り合い、それから週に2,3度メールのやり取りをするようになりました。

そうこうしているうちお互い、仕事の帰りなど、時間が合うとJR構内のスタバでお茶するようになりました。

「たまには飲みに行かない?」

その日、僕が誘うと、彼女はしばらく考え込み、

「今日はムリだけど、来週の水曜日ならいいよ」

といってきました。


ちょいポチャの写真


もちろん僕はその水曜日に賭けていました。

そこで太閤通口近くの「びすとろ屋」という店で、創作料理を振る舞い、彼女を口説きました。

そこでも彼女はまたよくよく考え込んでから、

「12時には帰りたいんだけど、それでいい?」

といってきました。

そのときの時間はまだ午後8時です。

もちろんいいに決まっています。


風俗画像


ずいぶん迷っていた割に、彼女はすごくエッチに積極的な女子でした。

騎乗位になったときのお尻の捏ね方がじつにエロいです。濡れ方も激しく、溢れた愛液が僕の玉袋を伝ってシーツに染みを作るのがわかりました。

エッチの後、彼女はさっきまでとは打って変わり、僕に身体を巻きつけながらいいました。

いまの旦那さんは稼ぎもよく、家事も手伝ってくれるうえ、彼女の仕事にも理解があり、申し分ないパートナーなのだそうです。でも、唯一の欠点がエッチに淡泊なこと。それで彼女は生活に不満はないものの、マンコだけが不満を訴えていたのですね。

「月に1,2度こんなふうに会えたらいいなあ」

彼女は目を細めていいました。

これってセフレになりたいってことですよね?




>> 次の記事は若妻の風俗嬢と媚薬を使った本番セックス体験記

Copyright © 人妻風俗新聞 All Rights Reserved.