ロゴ

露出写真が大好きな人妻さんは、じつはお上品は人妻さんでした

露出


ハピメで知り合ったその人妻さんは、メールの段階からかなりの露出好きでした。

まずメールの内容がやたら挑発的で、それに反応すると、

「私の裸、見たい?」

とか、さらに僕を煽ってきて、

「そりゃ見たいに決まってるじゃん」

と返すと、マン筋に下着をくい込ませた自家撮り写メを送ってきます。(もったえぶってマンコを全開には絶対にしません)

まあ、そんな前振りがあってから食事をしたもんですから、僕もその日は絶対にエッチできるってタカをくくっていたんです。


露出の写真


その日は錦通り沿いの和風割烹の店で食事したんですが、いまから考えると彼女は彼女なりに緊張していたんだと思います。

「じつは出会い系で男の人と直接会うの、初めてなんだ」

といってきました。そこで僕が調子を合わせて、

「でも、どんな下着をはいているかはバッチリ見てるよ。ようやく今夜、その中身も確認できるね」

というと、彼女はカーッと顔を真っ赤にして日本酒をがぶ飲みし始めました。

酒の力を借りないとホテルに入る勇気がでなかったんです。


風俗画像


そうしてようやくホテルに入ったとき、すっかり彼女の酔いが回っていました。ソファで酔いつぶれてしまったので、僕がベッドに移動させようとすると脚がもつれ、床でイビキをかいて爆睡し始めました。

仕方がないので僕は彼女のパンツを脱がせ、念願のオマンコ写真を携帯で撮影しました。

結局その後、彼女は急に気持ちが悪くなって何度もトイレで吐いてしまい、意識朦朧としたまま、タクシーで自宅に帰ってしまいました。

「昨日はごめんね」

翌日、彼女からお詫びのメールが入りました。

「いいよ。オマンコ見れたから」

僕はメールに彼女のオマンコ写真を添付しました。

以来、彼女から一切メールの返事がこなくなりました。




>> 次の記事は若妻の風俗嬢と媚薬を使った本番セックス体験記

Copyright © 人妻風俗新聞 All Rights Reserved.